貨幣大試験記念品

毎年行われる貨幣の量目試験に際し、記念品として製作された貴重な品々

貨幣大試験記念品

造幣局 第百次製造貨幣大試験「七宝入文鎮 紅牙撥鏤尺」の紹介

 本文鎮は、正倉院宝物である「紅牙撥鏤尺」から図柄の一部を採用されたものになります。 第百次製造貨幣大試験の記念品として製作されたもので、1971年当時の品。1971年(昭和46年)と言えば、造幣事業100年を向かえ、皇太子同妃殿下(現在...
貨幣大試験記念品

造幣局 第八十一次製造貨幣大試験「黒釉七宝灰皿」の紹介

 第八十一次製造貨幣大試験の際に記念品として製作されたのが、「黒釉七宝灰皿」になります。 この頃に製作された記念品は、前年度の小型ナイフや翌年度のベルトのバックルなどユニークなものが見受けられ、こちらの七宝灰皿も珍しい品になると思います。...
タイトルとURLをコピーしました